新しいお寺をつくる


現在日本には多くの寺院が存在しています。大きな歴史的建造物から、地方の片隅に忘れ去られたように佇むお寺まで、その数は日本のコンビニエンスストアと同じくらいとも言われています。

大小さまざまな顔を見せる日本の寺院ですが、多くは江戸時代の檀家制度が施行された時に出来たもので、当時の寺院は村民が異宗教へ流出しないよう村の戸籍の管理や、慣習の儀礼などを主に行っていたそうです。

 

武家の時代は過ぎ去り、檀家制度は失われ、明治政府は江戸時代に建てられた数多くの寺院に対して、打ち壊しや寺域没収という大規模な弾圧を行いました。今でこそお寺は丸儲け、高級車を乗り回している等と囁かれますが、過去何百年もの間、お寺や僧侶は幾多の戦火の巻き沿えになりながらも多くの文化遺産や教えを守り、伝えてきたという側面もあるのです。

 

私はお寺の子息として育っておりませんので、一般の方と同様の意見も理解出来ました。また、自分が僧職になってからは逆の立場で残念な言葉も数多く聞いてきました。

 

お寺の本来あるべき姿。

私は日本やアメリカでの修行と活動の中で様々な疑問と答えを持ち、行動してきました。

結果、私の考えるお寺の在り方とは、訪れる人々に「安らぎ」を与えられることなのではないかと思います。

 

 

毎日忙しい日々に追われる人たちに「安らぎを」と言ってもなかなか難しいものです。しかし近所に気軽に行けるそうした場所があり、たった数分でも安らぐことが出来れば、人はもっと個人や周りの幸せを考えられるのではないかと思うのです。

  

お寺が無数にあるこの日本で私が何故一から寺院を立ち上げたかと言えば、誰でも気軽に立ち寄れる新しい意味での都市型寺院を目指した為です。規模は既存の寺院よりも遥かに小さく、収容人数も限られますが、駅から徒歩5分圏内の利便性と、年間に必要な護持会費(寺院に必要な維持管理費)や寄付の必要もなく、どなたでも必要な時に気軽に利用出来ることが大きな利点かと思います。

 

ゆったりとした気持ちでお話をし、色々なお悩みを聞き、解決の方法を一緒に探していければと考えています。

日蓮宗正印結社ができるまで


日蓮宗正印結社はコンパクトで機能性に優れたお寺です。普通の住宅を買い取り、約半年の歳月を費やして完成させました。

 

初期の工事は主に内観を行い、お寺の本堂なる部屋を造る為和室とリビングを改築し、男子用トイレも増設しました。

その後、庭整備(現在も進行中)や外装の一部塗装、待合室として屋根付きのウッドデッキを造りました。

 外観はやや南国風のイメージではありますが、来られた方に少しでも安らいでいただける様、色々な形でのおもてなしを考えています。

 

お墓も檀家も持たないお寺ですが、皆様とともに歩み、成長していきたいと考えています。