海外での活動について


日蓮宗には様々な活動機関がありますが、その中でも国際活動に主軸を置く僧侶を「国際布教師」と呼んでいます。私は30歳のときに日蓮宗より国際布教師(当時は開教師と呼ばれていた)の辞令を拝受し、ハワイ日蓮宗別院へ赴任いたしました。

 

ハワイは楽園の地として知られています。明治時代の移民政策により多くの日本人が楽園での生活を夢見てハワイへ移住しました。しかし、移住者は夢を見る間もなく、第二次世界大戦の戦火で生きることを強いられ、過酷な労働を送る毎日の中、日本へ帰ることも許されず、そのまま異国の地で葬られました。

 

現在ハワイに点在している日系寺院や教会は、そうした移住者たちの心の拠り所として建てられ、また社交所としての役割も果たしていました。

 

日本はアメリカと同盟国とはいえ、アメリカは今でも真珠湾での出来事を忘れることはありません。

ハワイでの活動においては、そうした日本人やアメリカ人の移住の歴史に則した想いと、両国が受けた戦争の傷を同時に癒す方法を常に模索しなければなりませんでした。

ハワイでの布教活動について


ハワイでの布教活動の一週間を記しますと以下のようなスケジュールになります。

午前6:00起床、お勤めの準備、午前7時から8時まで朝のお勤め、午前9時から打ち合わせ。

その後一日の活動を開始します。

 

アメリカでは日曜日に家族そろって教会へ礼拝に行く習慣があり、ハワイの日系人寺院・教会でも日曜日になると至る所で礼拝を行っています。ハワイ日蓮宗別院でも午前10:00から礼拝が始まり、毎週多くの方がお参りに来られていました。

 

アメリカ人の礼拝の中で最も重要なのは「お説教」でありますが、日本人の私たちが話す英語はアメリカ人にとって非常に聞き取りづらいようで、戦後多くの日系人は仏教寺院から離れ、キリスト教や新興宗教等へ転身していきました。

 

今も昔も日本人布教師の悩みの一つはまさに英語という語学の壁であり、日曜日の礼拝が終わっても安心する間はなく、すぐに来週のお説教作成に取りかからなければなりませんでした。また、布教師の活動はお説教に留まらず、法事・葬儀といった日本儀礼、英字ニュースレターの作成や老人ホームへの慰問、他島にある日蓮宗のお寺での行事参加、ホームレスへのボランティア活動など、一週間はあっという間に過ぎていきました。

ハワイ日蓮宗別院での活動写真集


ハワイ島での活動


ハワイ日蓮宗別院での2年間の活動を終え、私は32歳のときにハワイ島にあるハワイ日蓮宗ヒロ教会へ赴任しました。

 

ハワイ島は富士山より高いマウナケアの山々がそびえ立ち、溶岩が常時吹き出し流れ出ている姿等、他では見ることが出来ない大自然のエネルギーを体全体で感じることのできる、島全体がパワースポットのような場所です。

 

そのハワイ島には昔から多くの日本人が移住し、島には当時多くのサトウキビ農場がありました。人々は毎日サトウキビ農場で働き、休みの日はお寺に出かけたり、サトウキビを運搬する汽車に乗って遠足へ出かけていたそうです。

日蓮宗は100年以上前に日本人が数多く住んでいたハワイ島で活動を始め、その後オアフ島、マウイ島へと活動の場を広げていきました。

 

代が流れるに連れ、サトウキビの栽培はハワイからアメリカ本土へ主流が移り、日系人の多くは職を失い、ハワイ島からオアフ島へ移住していきました。さらにハワイ島の人口減少に追い打ちをかけるように、東海岸のヒロ市では二度の大津波で多くの犠牲者を出しました。こうして人口減少とともに日系寺院や教会は衰退の一途を辿り、日蓮宗ヒロ教会でも長年住職が不在でお寺の廃墟化が進み、残されたメンバー12件と切り盛りする厳しい教会運営が為されていました。

 

私は廃墟寸前の教会を眺めながら、その疲弊した状態の打開策を模索しました。

その中で、今後は日系人だけのお寺ではなく、多くのアメリカ人にも利用していただかないと寺院経営は成り立たなくなると考え、アメリカ人が来てくれるにはどのようにしたらよいのか、どのようにしたらお寺に定着してくれるのか、朝起きてから寝る寸前まで、ある資金での復興を考え、まずは日系人によって造られた純日本風の庭の型を外し、アメリカ人が目に留めやすい西洋風の庭づくりを始めることにしました。

 

庭づくりに2年、塗装に1年と地道な作業が続き、ようやく自分で納得のいく形が出来上がった頃、白人の方が一人、二人とお寺に訪れ、日曜日の礼拝にも参加してくれるようになっていったのです。

彼らは明るい庭が気に入ったことと、日蓮宗の法要やご祈祷に興味を示し、家族や友人を誘ってお寺へ来るようになりました。

そして気がつくと、日系人の参加者より白人系アメリカ人の参加者の方が多い日も出てきたのです。

 

日系人には「お布施」という意味が理解できますが、本土から来たアメリカ人には「お布施」の意味が分かりません。ですから、彼らは幼い頃から教会へ通っていた時のイメージで、お寺や教会に対して「寄付」をします。

私は「お布施」は施しであるということを常々伝えましたが、彼らの中で「寄付」という概念が消えることがなかったので、そのまま「寄付」でよいという結論に到達しました。

 ですから、日曜礼拝に参加するときも、法事をするときも彼らにとっては「お布施」ではなく、「寄付」という形で受け取らせていただいていました。

 

ヒロ教会では日系人と白人の人たちが相混ざり、ときには戦争のことを思い出し喧嘩することもありましたが、お互いに泣いたり笑ったりを繰り返すことで、かけがえのない新しい何かを生み出すことが出来ました。そして、その時に初めて私がハワイで行いたかった活動の意義を再確認いたしました。

 

人はいつか分かり合えると。お互いが主張し罵り合っているだけでは駄目なのだと。折角仏教に接する空間に居て、そこでしっかりと教えを見聞きしているのであれば、それを実行しなければならないと。

 

私はヒロ教会に居ながら、日中は教会の業務に携わり、夕方からは近くの柔道場や近所の高校で柔道を教え、白人メンバーとの交流を深め、津波犠牲者への追悼行脚や日系人墓地の修繕に時間を費やしました。

そして、そうした活動を通してヒロ教会にも日蓮宗の管長様がお越しになられ、メンバーへの激励とハワイで葬られた人々へのご供養をご一緒にさせていただきました。

 

私のハワイでの9年間は人生でかけがえのない大切な時間でありました。

今回色々なご縁をいただき、千葉県印西市に活動の拠点を設け、一からお寺づくりを始めるにあたり、ヒロ教会を最初に訪れた時のような気持ちがこみ上げています。

 

場所や時代は違えども、残された自分の役割を常に成長させながら、日々粛々と活動していきたいと思います。

荒行堂へ入ることで


日蓮宗には日蓮宗大荒行堂という教育機関があり、毎年11月1日から2月10日までの100日間、千葉県市川市にある法華経寺内で修行が行われています。

 

修行は1日2時間の睡眠の中、7回の水行と読経三昧。朝夕2度のお粥をいただき、極限の状態で100日間の過酷な修行が行われます。このような過酷な修行は他の宗派では類を見ないもので、厳しい中で得られる奥義が日蓮宗のご祈祷なのです。そうした世界でも類を見ない厳しい修行に何故日蓮宗の僧侶は入ろうとするのかと言えば、それは「悩める人を救う」という言葉に集約されます。

 

私はこの修行を26歳のときにはじめて体験し祈祷師としての道を歩みはじめましたが、自分の持てる能力が諸外国の人たちに対応出来ていないと気づき、32歳のときに二度目の荒行(再行)に入りました。

 

二度目の修行も無事に成満し、今度はアメリカ人にも納得のできるご祈祷を行えるようになりました。ただ、修行にこれでよいという言葉はなく、更に人々の幸せを願う為、36歳のときに三度目の荒行に入りました。

 

私は15歳の時に出家し最初のお寺で3年半の修行を行いました。本来は3年ほどしっかり勉強すれば日蓮宗の教師資格も取得できます。しかし、実際のところ3年間で修行を終えても世の中の悩み多き人たちの力になれることはなく、上辺だけの僧侶となってしまう可能性もあります。

 

やはり聖職者となるからには人生が修行であり、ただ普通に生活しているだけでは、僧職である理由がありません。

もちろん「普通の生活だから寄り添える」という考え方もあるかと思いますが、私はある程度厳しい修行を積むことによって、本当の意味で寄り添うことが出来るのだと感じています。

 

行をしているときは辛く、切なくなる時も多くあります。足が痛い、寒い、眠い・・・。すべての苦行がある一定の期間過ぎたときに、はじめてそういった境遇で苦しんでいる人たちに寄り添えるのだと思います。

 

日蓮宗はこれから日本人だけではなく、アメリカやヨーロッパでも荒行に志願する僧侶が出てくるはずです。厳しい修行の意義を十分に伝えられるよう、私たちは修行を止めてはならないと考えています。