正印結社 永代供養墓


今あるお墓で大丈夫ですか?

そのままで子供や親戚に負担はかかりませんか?

 

墓地には市や都が管理する公営の霊園と、宗教法人が管理する民間の霊園があります。

公営の霊園では、墓地を管理する後継人がいなければ墓地は更地となり、遺骨は無縁墓へ埋葬されるそうです。

民間の霊園では、墓地の運営を宗教法人が行っているところが殆どで、管理費が滞ると保証人へ連絡が行き、墓地の撤去料金や管理費の延滞金の要請をされることがあります。

 

上記のことを踏まえると、これからの時代、新規でお墓をつくるということが非常に難しくなってくると推測いたします。

また、自分の子供が入れるようにお墓はつくったが、子供に維持管理を強要できない等、これまでの墓地やお墓に対する考え方が少しずつ変化していることも確かです。

 

もともと仏教では埋葬に関して、こういう埋葬をしなければならないという断定的なものはありません。(法律上ではない)

お墓のかたちや埋葬の方法など、その時代に相応しい方法がより人々に寄り添うかたちとなることは言うまでもありません。

 

お寺やお墓も自分で選ぶ時代となった今日

自分たち家族の負担にならないかたちや、自分たちに合った想いをもう一度考えてみてはいかがでしょうか。

 

日蓮宗正印結社ではお墓の後継者がいない方や、身寄りがない方、他宗教・他宗派・無宗教でも入ることができる永代供養墓を新時代に合ったかたちでご案内いたします。

皆さまが心から納得し、安心してお入りできるよう努めていきたいと日々願っています。

 

永代供養墓は千葉県内に2019年8月に完成いたしました。

下記の内容をご確認いただき、お墓の移転や、新規でお墓に入られる方は是非一度ご連絡いただき、ご相談ください。

永代供養墓の種類と金額


永代供養墓は個別永代供養と合祀永代供養に分けさせていただいています。

永代供養の維持・管理費について


日蓮宗正印結社では年間費やお寺に対する維持・管理費等、その他特別な寄付は一切ございません。

お寺はご家族の心からの幸せを願い、親身に寄り添うことが出来る寺院運営を日々目指しています。

個別永代供養


個別永代供養では、火葬後お遺骨を他のお遺骨と混ぜることなく27回忌まで永代供養墓内に安置し、以後合祀いたします。(延長可能)

個別永代供養の金額は1人10万円(年会管理費、寄付等一切不要)です。

墓誌にお戒名か俗名を刻まれたい方は刻み代として30,000円が別途必要(石材店へ)となります。

 

個別永代供養を2名で申し込まれる場合は170,000円、3名の場合は230,000円、4名の場合は280,000円となります。(年会管理費、寄付等一切不要)

合祀永代供養


合祀永代供養では、火葬後お遺骨を他のお遺骨と一緒に埋葬し供養いたします。

合祀永代供養の金額は4万円でご利用できます。

その他、墓誌にお戒名か俗名を刻まれる方は代金として30,000円が別途必要(石材店へ)となります。

 

2人申し込まれる場合は7万円、3人の場合は10万円となります。

永代供養墓の相談・お問合せ


相談とお問合せ:

電話0476-33-4644

メールchiba@shoinji.jp

または下記のフォームからお願いいたします。


相談・問い合わせフォーム


下記の項目から相談内容をお選びください。

内容の確認後、こちらからご連絡させていただき、後日お寺かご自宅で詳しくご説明させていただきます。

メモ: * は入力必須項目です