結社とは日蓮宗で新しくできたお寺のことを言います


千葉県印西市に開かれた正印結社は日蓮宗公認の寺院で令和元年に生まれた新しいお寺です。

「正印・しょういん」には「仏さまの教えを正しく伝え、印す」という意味が込められています。

 

日蓮宗は総本山に山梨県身延山久遠寺、大本山に東京都池上本門寺、柴又の帝釈天・題経寺、千葉県には天津小湊町誕生寺・清澄寺、市川市法華経寺、松戸市のあじさい寺・本土寺等、全国に大小合わせて5000ケ寺を有する伝統仏教の宗派です。

「結社」とは密かに行う秘密結社等のことではなく、日蓮宗では新しく生まれた寺院のことを結社と呼称しています。

 

正印結社の外観は、癒しをテーマにした庭造りで、誰にでも気軽にお入りいただけるようになっています。また、お寺の中も癒しを中心とした空間を大切にしており、コーヒーや住職手製の飲み物等でおくつろぎ頂けます。

 

住職は工務店を営む父と会社勤めをしていた母の間に生まれ、あるきっかけから15歳で千葉県の山寺で修行を始め、人として、僧侶としての人生を歩みながら様々な修行を重ね、30歳のときに渡米。異国の地で日本の仏教がどう受け取られているのか、どのようにすれば外国人に日本の仏教を理解してもらえるのか、ハワイ島のお寺で孤軍奮闘しながら活動すること約9年。任期を終え、帰国してから約3年の準備期間を経て、活動拠点を千葉県印西市に定め、この拠点から、海外で学んだ本来のお寺の姿、仏教のあり方を真摯に伝えていこうと考えています。

 

人が何を求め、何が癒しとなるかは時代とともに変化していきます。物事を一から始めるのは簡単なことではありませんが、これから皆さんと一緒にあたたかなお寺づくりを目指し、活動していきたいと願っています。 

正印結社がテレビで放送されます


正印結社が千葉県地元ケーブルテレビから取材を受け、以下の日程で放送されます。

 

ケーブルネット296 

「御朱印グルメぐり」

 

第一回初回放送 2019年12月16日(月) 11:30&21:30

第二回初回放送 2020年  1月  1日(水) 11:30&21:30 

 

正印結社が本に掲載されました


令和元年11月にメディアックス出版より「御朱印図鑑」が全国の書店で発売されました。

こちらの本では正印結社の御朱印が紹介されていて、本を持参された方に特別御朱印をお書きしています。

(奉納料500円、要予約)

正印結社 最新アップ情報


・正印結社特別ご首題「法華経の旅・第二章」と「宮澤賢治のご朱印」は7月17日からお書きしています。

・第二章の奉納料は、見開きサイズが1,300円。

    通常サイズは1,200円。

 宮澤賢治のご朱印はサイズに関係なし。

 一律2,000円。(写経・納経料込)

※宮澤賢治のご朱印奉納料の内訳

 ご朱印奉納料1,500円、納経料300円。

 残り200円は障害者支援施設への支援金です。

 

・第三章は9月25日からお書きしています。

 (第三章は前編と後編に分かれます)

・第三章のご朱印は日蓮大聖人です。

※第三章前編のご首題・ご朱印の奉納料の内訳

 第二章と同額です。

 

・令和2年2月16日からご朱印のコラボが始まります。

 参加は以下の寺院様となります。

 

 東京都 谷中 本妙院様

 東京都 谷中 長運寺様

 東京都 芝  圓珠寺様

 千葉県 市川 禮林寺様

 千葉県 印西 正印結社

 詳しい詳細は後日発表いたします。

ミニご朱印帳をお持ちの方へ


 

 

正印結社ではミニご朱印帳をお持ちの方にミニサイズのご朱印をお書きしています。ミニご朱印をご要望の方は、通常の予約時に一緒にお出しください。

初回奉納料は400円で4面をお書きいたします。

(ミニご朱印のみのご予約は不可)


ご首題・ご朱印ページ   8/23  更新

祈願・祈祷ページ     5/12  更新

賢者から学ぶ       6/22  更新

お寺の仏さまについて   5/25  New

ペット供養の依頼     5/26  New

葬儀・法事の依頼     9/8    New

正印結社 永代供養墓   7/10  New



正印結社カレンダー


【注意事項】

ご朱印・ご首題のご予約について

現在令和2年3月まで予約はいっぱいです。

令和2年4月以降のご予約開始は2月ころを予定。

「法華経の旅 第三章 後編」は令和2年2月1日から。

仏事に関するご予約は、各月に予備日があります。

 お気軽にお問合せください。


カレンダーには住職の主な予定を掲載しています。

仏事相談・供養・祈祷・ご朱印等は予約が必要です。

相談・供養・葬儀・祈祷等はスケジュール以外に予備日がありますので、直接お寺へご連絡ください。

 

・ご朱印でご予約される方は、下記のカレンダーを確認いただき、ご朱印予約フォームかお寺へ直接お電話(0476-33-4644)ください。

・ご予約時間は1日4回(10:30・12:30・14:00・15:30)

 (近隣にお住まいの方に特別時間枠あり)

 

下記のカレンダーには予約された方の時間帯が記されています。予約を希望する方はカレンダーに予約時間が記されていない場所を指定ください。既に時間が記されている場所には予約ができませんのでご注意ください。

 

・「法務・用事」の記載の場所はご朱印の予約・対応ができません。

 

※初めてお寺へ来られる方

・ご首題「法華経の旅 第一章」

・ご朱印「大黒様」のみ。

・第二章と宮澤賢治のご朱印は二回目の来寺。

・第三章は三回目の来寺となります。


住職プロフィール

15歳で日蓮宗の僧侶として出家し、その後縁ある場所で修行を重ね、29歳で海外での布教活動を志し、異国の地で道なき道の活動を続けること約9年。帰国後、東京都内の寺院に勤め、現在は千葉県印西市でお寺を一から立ち上げ、日々奮闘しています。こちらでは正印結社住職の経歴をご紹介いたします。詳しく ≫


米国での活動記録

「人生は修行である」とよく聞きますが、海外での活動とはまさに日本仏教を諸外国の人々に伝える難しさに立ち向かう修行の日々でした。口先だけでは何も伝わらず、彼らが求めていることを真摯に考え行動することで、少しずつ信頼が信仰へと変化していきました。私は海外でひとつひとつ丁寧に行動することの重要性を学びました。詳しく ≫


日本で新しいお寺ができるまで

お寺を「つくる」という言葉は普段あまり耳にしませんが、昔の僧侶は一つの庵をつくり、そこを信仰の拠点として多くの人々に勇気と幸せを与えてこられました。私も今まで培った多くの経験を活かし、時代に則したお寺をつくり、世の中の人を一人でも多く救えればと考え、平成30年秋から千葉県印西市で一からお寺を立ち上げています。詳しく ≫



ご祈祷とご祈願の受付

日蓮宗のご祈祷は厳しい修行を受けた者でなければ行うことはできません。僧侶は「人々を救う」という願いのもと、自ら進んで荒行へ入り、100日間という過酷な修行の中で大きな力を蓄え、その力を多くの人へ分け与える役目を担います。詳しく>>


ご葬儀とご法事の受付

僧侶として出家して以来、国内・海外で数多くのご葬儀やご法事を執り行ってまいりました。その多くの経験を活かし、ご家族に寄り添い、どなたにでも納得していただけるご法要を勤めさせていただきます。

詳しく<<


水子供養の受付

水子さんがいらっしゃる方は、供養の方法が分からなかったり、色々な気持ちの整理がつかないこともあるかと思います。正印結社では、水子さんの供養をプライベートに、丁寧に行っています。何でもご相談ください。詳しく>>



ペット供養の受付

ペットは家族と同じ。私たち人間は日々色々なことで悩み、苦しんでいますが、それを心の底から癒し、どんなときも寄り添ってくれるのが家族同様のペットちゃんたちです。正印結社では動物供養を随時行っています。皆さんが愛された分、その感謝の気持ちを伝えてあげましょう。

詳しく>>


永代供養の受付

最近よく耳にする永代供養ですが、その形も様々です。正印結社では後継者のいない方や、お墓を持っていないご家族からの永代供養のご相談をお受けしています。ご供養の形に決まりはありません。心からのご供養と、ご家族が納得できるご供養の方法をご一緒に考えましょう。詳しく>>


正印結社の特別御朱印について

御朱印集めが近年稀にみるブームとなっていることは皆さんもご存じのとおりです。正印結社では東京オリンピックに因んだ「オリンピック応援御朱印帳」や、正印結社限定御朱印をお書きしています。御朱印をご希望の方は、お書きできる日時をご確認の上、お越しください。

詳しく>>



無料仏事相談について

正印結社では毎日電話やメールで仏事相談をお受けしています。終活に関する悩みや家の仏壇、お位牌、お墓の問題に至るまで、様々なご相談を日々解決しています。相談は無料で行っていますので、何時でもお気軽にお問合せください。

詳しく>>


お問合せ

正印結社ではどのような問い合わせでもお受けしています。仏事に関わること、その他、写真・動画撮影・編集、各種アイディア・簡単な工事に至るまで、何でもお気軽にお問い合せください。詳しく>>


正印結社へのアクセスについて

正印結社は千葉県印西市に拠点を構え、最寄り駅は印旛日本医大駅です。駅からは徒歩3分。お車でお越しの方はお寺の前に車を駐車することができます。詳しく>>



正印結社のインスタグラム

写真は最近のインスタグラム投稿です。

活動を応援してくださる方は、是非フォローください!