お葬儀・ご法事の依頼


私がハワイのお寺から帰国し早5年を迎えようとしています。

ハワイでは通夜の法要はほとんどなく、死後何日か経過した後にお葬式となり、日本では一般的な参列者の火葬場への同行も出来ません。故人は火葬された後、遺骨は砂のようにパウダー状となり、鉄製の箱に収められ、後日納骨されます。

 

日本人から見れば葬儀としてはどこか物足りなく感じられる部分もあるかもしれませんが、アメリカでは日本のように形式的な儀式の流れを優先するのではなく、家族が最後にしっかり故人とお別れができるよう、細やかな配慮がなされているのです。

 

例えば日本のホールで葬儀を行う場合、遺族・親族は横向きで座ることが多いですが、アメリカのホールでは、遺族・親族は正面の最前列に座り、その後ろに友人・知人が続きます。また気の利いた葬儀社では、家族にはソファー席が用意され、その隣にティッシュの箱が置いてあることも少なくありません。


読経中には日本と同じようにお焼香を行う時間があり、
遺族はソファに座ったまま、お焼香をされる一人ひとりに御礼を述べます。


国によってそれぞれ異なる方法や習慣があるのは当然のことですが、ハワイで体験した葬送の在り方は、私にとって非常に勉強になるものでした。


「誰のために、また、何のために葬儀をするのか」


これからの時代、あまりにも形式的、儀礼的な葬儀で、参列者が退屈に感じたり、家族が不満や心残りに思うようなことがあれば、葬儀自体をやる意味があるのだろうかと疑問に思う方も増えてくるだろうと懸念しています。

 

日蓮宗正印結社では、故人や家族の個々の想いをしっかりと受け止め、真摯にご家族と向き合い、故人を心から見送ることができるよう、正印結社へお願いして良かったと感じていただける葬儀や法事等を提供させていただきたいと考えております。

葬儀・法事等の費用について


日蓮宗正印結社では、一般の多くの方が感じる「お礼」について分かりやすい表にさせて頂きました。

この表をご覧になられて、ご不明な点が御座いましたら、お気軽にご相談ください。

葬儀・法事等の出張範囲について


日蓮宗正印結社では一人でも多くの人を救うため、千葉県内に限らず、関東、東海、近畿、東北等、様々な場所へ赴きご供養をさせて頂いております。供養の方法、御礼は上記の表と同じですが、現地に到着するまでに交通費が必要となりますので、そちらをいかに定めさせていただきましたのでご参考になれば幸いです。

 

千葉県全域 : 5,000円

東京・神奈川・埼玉・茨木・栃木・群馬全域 : 10,000円

東海地方 : 20,000円

東北,近畿:地方 : 40,000円

その他、関西・九州・北海道方面はご相談

お問合せ


相談とお問合せ:

電話0476-33-4644

メールchiba@shoinji.jp

緊急の場合は24時間受け付けています。

万が一電話が繋がらない場合は、上記のメールアドレスへご連絡ください。

一時間以内にご返信いたします。